こちらでは、東京23区内で無料体験できる、おすすめの小学生向けプログラミング教室を10教室ご紹介いたします。

 

お子様が勉強するプログラミング教室は、後悔がないように、選びたいですよね・・・。

 

ここではそんな方のために、東京23区内で無料体験できる、おすすめの小学生向けプログラミング教室を10教室解説していきます。

 

もし迷った方は、こちらのランキングを是非参考にしてみてくださいね。

 

東京23区のプログラミング教室一覧

【小学生向け】東京23区で体験できるプログラミング教室のおすすめ10選

1位 1位:QUREO(キュレオ)プログラミング教室


 

1位は、QUREO(キュレオ)プログラミング教室です。

 

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」は、全国教室数No.1を展開している、自宅の近くで受講ができる子ども向けプログラミング教室です。
独自開発の教材により、未経験の子どもでも本格的なプログラミングをゲーム感覚で楽しく学べます。
初心者も安心の個別指導で、PC操作やキーボードタイピングも身につけることができます。

 

まずはQUREO(キュレオ)プログラミング教室の体験教室に行ってみてください。

 

無料体験の申し込みは、ホームページの右上にあるメニューをクリック頂きますと、「無料体験はこちら」が表示されますので、そちらから無料体験・体験会を申し込みすることができます。

 

QUREO(キュレオ)の教室は、東京23区内に、128教室ありますので、自宅近くの教室を探すことが容易にできると思われます。

 

区ごとの教室数は、新宿区 4、渋谷区 0、港区 0、千代田区 0、中央区 1、台東区 2、墨田区 4、江東区 6、江戸川区 11、葛飾区 9、足立区 7、荒川区 0、北区 4、板橋区 10、豊島区 7、文京区 1、目黒区 4、世田谷区 12、杉並区 7、中野区 4、練馬区 10、大田区 17、品川区 8、ございます。

 

QUREO(キュレオ)プログラミング教室のご紹介

 

・対象学年:小学生以上
・受講回数:月4回(基本)
・受講時間:1回 60分
・教室数:全国に2,700教室以上
・学習教材:QUREO(キュレオ)ビジュアルプログラミング
・受講料:税込9,900円〜 / 1ヶ月
・1時間あたりの受講料:税込2,475円〜
・選ばれる理由:
 1.大学入試を見据えたカリキュラム
 2.本物のゲーム感覚の教材で楽しく学べる
 3.一人ひとりに合わせた個別指導で小学生でも安心
 4.「プログラミング能力検定」合格で自信がつく
 5.正しいタイピングスキルが身につく

 

QUREO(キュレオ)プログラミング教室の生徒さんの感想

 

学校の勉強より、QUREOの方が全然楽しい!
分からないことをすぐ聞ける教室の方が理解が進むから良い。
あとゲームを作って友達と一緒に遊んでみたりできて楽しい。
ゲーム作りながら勉強していたら、乱数とか変数までできるようになった!
今度はストーリー性があるゲームを作ってみたい!
(小学5年生 女子)

 

 

\キュレオの無料体験教室のお申込みはこちら/

2位 2位:ヒューマンアカデミー ロボット教室・こどもプログラミング教室


 

 

2位は、ヒューマンアカデミー ロボット教室・こどもプログラミング教室です。

 

ヒューマンアカデミーは、全国1,600教室以上で『ヒューマンアカデミー ロボット教室』 を開講し、また、全国200教室以上で『ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室』 を開講しています。

 

まずはヒューマンアカデミー ロボット教室・こどもプログラミング教室の体験教室に行ってみてください。

 

無料体験の申し込みは、ホームページの左端にある「教室検索/体験授業」から、ご自宅の近くの教室を一つ選んでいただき、選ばれた教室にある「詳しくはこちら」をクリックすると、無料の体験授業を申し込みすることができます。

 

ヒューマンアカデミー ロボット教室・こどもプログラミング教室は、東京23区内に、143教室ありますので、自宅近くの教室を探すことが容易にできると思われます。

 

区ごとの教室数は、新宿区 8、渋谷区 5、港区 4、千代田区 0、中央区 5、台東区 3、墨田区 4、江東区 12、江戸川区 7、葛飾区 5、足立区 5、荒川区 5、北区 6、板橋区 8、豊島区 5、文京区 3、目黒区 6、世田谷区 15、杉並区 9、中野区 2、練馬区 11、大田区 12、品川区 3、ございます。

 

ヒューマンアカデミー ロボット教室のご紹介

 

ヒューマンアカデミーのジュニアロボット教室は、生徒数(26,000人以上j)も教室数(1,600教室以上)も国内シェアNo.1。47都道府県のすべてを網羅。教室数は伸び続けております。

 

<ロボット教室の各コース>
1.プライマリーコース:対象は幼児から小学校低学年までで、初歩的なコースの教室です。
授業内容は、テキストを見ながら、動くロボットを自らの手で作りあげていきます。

 

2.ベーシックコース:6歳以上の小学生が学べる基礎的なコースで、主に小学校低学年のお子さまが主に通われています。
授業内容は、テキストを見ながら、ロボットを正確に製作し構造や動きの仕組みを学んでいきます。

 

3.ミドルコース:小学校中学年以上が推奨のコースで、より複雑な構造のロボットを製作していきます。
タブレットを用いて、初歩的なプログラム作成にも取り組み、ベーシックコースまでのロボットにはなかった、「感じて、考えて、動く」自律的なロボットを作り上げていきます。

 

4.アドバンスコース:小学校中学年以上が推奨のコースで、ハイレベルなコースとなります。
本格ロボットの3要素である入力系(センサー)・制御系(マイコンブロック)・出力系(モーター等)を組み合わせることで、「感じて、考えて、動く」高度な賢いロボットを作り上げていきます

 

ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室

 

対象は小学3年生からとなりますが、プログラミングは、「難しい」「とっつきにくい」印象があるだけに、ヒューマンアカデミージュニア こどもプログラミング教室では、カリキュラムをスモールステップで構成しています。

 

<コース紹介>
3年間の受講がオススメです。
「パソコンが初めて」のお子さまが、「言語によるプログラミング」ができるまで成長します。

 

1年目 初級ベーシックコース
受講対象は小学校1年生からで、受講期間は1年間(月2回/90分授業)となります。
操作・作成・改造・発表の1サイクル(1ターム)を3ヶ月かけて学びます。
1年間の4サイクルを通じて、知識とスキルの定着を目標としています。

 

2年目 中級ミドルコース
受講対象はベーシックコースを修了した方で、受講期間は1年間(月2回/90分授業)となります。
毎月、「基本製作」→「応用実践」を繰り返していき、パソコンのキーボード入力操作やファイル操作等の操作を学び、パソコンと触れ合う機会を増やします。

 

3年目 上級アドバンスコース
受講対象はミドルコースを修了した方で、受講期間は1年間(月2回/90分授業)となります。
毎月、「基本製作」→「応用実践」を繰り返していきます。
「JavaScript」言語で本格的なゲーム作成をします。また多数の文字入力をしたり、ファイルの操作をすることによりよ高度なパソコンの使い方が身につくことを目標にします。

 

 

\ヒューマンアカデミーの無料体験教室の申し込みはこちら/

3位 3位:アーテックエジソンアカデミー


 

3位は、アーテック エジソンアカデミーです。

 

「アーテック エジソンアカデミー」は、学校教材メーカーのアーテックが長年教育現場で培ったノウハウを活かし開発したロボット教材と、MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した子供向け教育用ソフト「スクラッチ」をベースにロボット用に改良したプログラミング環境を使った、

 

他社では真似できないオリジナルのカリキュラムでプログラミングを楽しく学べるスクールです。

 

まずはエジソンアカデミーの体験教室に行ってみてください。

 

エジソンアカデミー教室は、東京23区内に、33教室ありますので、自宅近くにも教室を探すことができるかもしれません。

 

区ごとの教室数は、新宿区 1、渋谷区 1、港区 1、千代田区 0、中央区 0、台東区 0、墨田区 0、江東区 2、江戸川区 0、葛飾区 3、足立区 4、荒川区 1、北区 1、板橋区 3、豊島区 3、文京区 1、目黒区 0、世田谷区 2、杉並区 2、中野区 1、練馬区 4、大田区 1、品川区 2、ございます。

 

■エジソンアカデミーのご紹介

 

プログラミング教育は、2020年より小学校でも必修化になり、既に入試に取り入れている学校も出てきました。

 

日本はもちろん世界的にも注目されている教育です。

 

現在のアーテック エジソンアカデミーの規模感は、加盟教室数が全国45都道府県約900教室で、プログラミング教室としては、圧倒的な数を誇ります。

 

<アーテック エジソンアカデミーの特長>
・初回授業からプログラミングが出来る
・ロボット作りとプログラミングの両方が体験できる
・国内最大級の教室数
・スクール終了後も教材で楽しめる
・国際大会(URC)に出場することも出来る
・低学年向け講座「自考力キッズ」から受講すると最大5年

 

<エジソンアカデミーでは以下の力が育ちます>
・理解力
・論理的思考力
・創造力
・プレゼンテーション力

 

使用するブロックはたったの10種類ほどです。
センサーやモーターなどもすべてブロック型で簡単につなげることができ、少ないパーツで自由自在にロボットがつくれます。

 

子どもたちが好きな形の作品を製作できるのはもちろん、組み立てにかかる時間が短く、プログラミングにしっかりと時間を使うことができます。

 

信号機や車など身のまわりの生活にあるロボットや動物型ロボット、対戦型ゲームなど豊富な作例で子どもたちが楽しみながら視野と興味を広げていけるカリキュラム構成になっています。

 

プログラミングの基礎をじっくりと勉強できますよ。

 

 

\アーテック エジソンアカデミーの無料体験教室の申し込みはこちら/

 

4位 4位:LITALICOワンダー


 

 

4位は、LITALICOワンダーです。

 

LITALICOワンダーは、子どもの創造力を解き放つ、IT×ものづくり教室です。
プログラミングやロボット、デジタルファブリケーションといった、テクノロジーを活用したものづくりの機会を提供しています。

 

新しいアイデアや方法を自分で考え出し、形にするための試行錯誤を繰り返す。
それらの経験が誰かに教えられるのではなく、自分で答えをつくり出す力となり、子どもたちの未来の可能性を広げます。

 

まずはLITALICOワンダーの体験教室に行ってみてください。

 

無料体験の申し込みは、ホームページの右上にある「体験授業を申込む」をクリックいただきますと、教室・コース・日程の画面に移りますので、こちらから無料の体験授業を申し込みすることができます。

 

LITALICOワンダーの教室は、東京23区内に、12教室あります。

 

区ごとの教室数は、新宿区 0、渋谷区 2、港区 1、千代田区 2、中央区 0、台東区 0、墨田区 1、江東区 0、江戸川区 0、葛飾区 0、足立区 0、荒川区 0、北区 1、板橋区 0、豊島区 1、文京区 0、目黒区 1、世田谷区 1、杉並区 0、中野区 0、練馬区 0、大田区 2、品川区 0、ございます。

 

■LITALICOワンダーのご紹介

 

LITALICOワンダーは、プログラミングやロボット、デジタルファブリケーションといった、テクノロジーを活用したものづくりの機会を提供しています。
誰かに教えられるのではなく、自分で答えをつくり出す力となり、子どもたちの未来の可能性を広げます。

 

・授業体制:4人に1人のスタッフがつく
・受講時間:テキストから離れて自分で試行錯誤する時間を大切にしています。
そのため、60分または90分という少し長い時間を設定しています。
・学習教材:テキストで見るか、動画から動作を観察して作るかなど、自分にあったスタイルで進められるようになっています。
教材は多様な形態で用意しています。
・入塾金:16,500円(税込)
ゲーム&アプリ エキスパートコースのみ8,525円(教室)
そのほか4コースは7,425円(教室)

 

■LITALICOワンダーのコース紹介

 

LITALICOワンダーでは、年長・小学生・中学生・高校生のお子さんに向けて最新のテクノロジーを活用したものづくりができるコースを用意しています。

 

プログラミングでゲームやアプリ制作する「ゲーム&アプリ プログラミングコース」・「ゲーム&アプリ エキスパートコース」、ロボット製作する「ロボットクリエイトコース」・「ロボットテクニカルコース」、3Dプリンタやレザーカッターでものづくりする「デジタルファブリケーションコース」の5つのコースがあります。

 

■LITALICOワンダーの口コミ

 

・好きな事に長時間取り組めるLITALICOワンダーのプログラムが魅力。
(小学6年生)
・家でも取り組むほどハマっている。
(小学4年生)
・完成した作品は大切に自分の机にしまっている。
(小学5年生)

 

\LITALICOワンダーの無料体験教室の申し込みはこちら/

5位 5位:KOOV

 

5位は、KOOVです。

 

KOOVのプログラミング教室では、一人ひとりが個性を活かして、ちがう「かたち」をつくる機会を大切にしています。
その過程で、身の回りに好奇心を持ったり、得意なこと・好きなことが増えていきます。

 

子どもの興味関心が自然と広がっていきます。
これまで生まれてきた30万以上の作品はたった7色7種類のKOOVブロックで構成されています。

 

制約の中で、意図したカタチをつくるプログラミング体験が思考力を育むと考え、限りなくシンプルな設計となっています。
シンプルだからこそ、面白い!やりがいがある!と感じてもらえたら嬉しいです。

 

まずはKOOVのの体験教室に行ってみてください。

 

無料体験の申し込みは、まずは、ホームページの右下にある「教室を探す」をクリックいただき、自宅近くの教室を一つお選び頂きます。その後、「この教室の詳細」ボタンをクリックしますと、教室の詳細な情報が記載された画面へ移ります。右下に「この教室の体験に申し込む>」のボタンが現れますので、こちらをクリックして体験授業をお申し込みください。

 

KOOVの教室は、東京23区内に、112教室ありますので、自宅近くの教室を探すことが容易にできると思われます。

 

区ごとの教室数は、新宿区 3、渋谷区 5、港区 6、千代田区 4、中央区 3、台東区 3、墨田区 5、江東区 6、江戸川区 6、葛飾区 4、足立区 3、荒川区 4、北区 3、板橋区 9、豊島区 4、文京区 3、目黒区 3、世田谷区 14、杉並区 6、中野区 3、練馬区 6、大田区 5、品川区 4、ございます。

 

■KOOVのご紹介

 

プログラミングを使って自分のアイデアをかたちにするその過程で身の回りに好奇心をもち、得意なこと・好きなことが増えていきます。
説明書に沿った学習が中心のプログラミング教室とは対照的に、KOOVパートナープログラミング教室では、答えが1つではない課題に対してオリジナルのロボットをつくる機会が多くあります。
KOOVは、2016年グッドデザイン賞(金賞)、第15回E-Learing大賞(最優秀賞)、IF DESIGN AWARDを受賞するなど国内外から評価されています。

 

レッスンは次第にレベルが上がっていきます。
カリキュラムに夢中に取り組む過程で、思考力や創造力を育み、高度なプログラミングも習得していきます。
初回の授業から、タブレットやPCを使ってプログラミングを行います。

 

コンテストではテーマに沿って、オリジナルのロボットをつくります。
最初は手が動かない子どもたちも、先生と学習を進めていくうちに個性溢れるロボットをつくれるようになります。
子ども自身が成長を感じながら学ぶことができます。

 

作品を世界中に共有しコメントし合う機能をKOOVアプリに搭載しています。
子どもたちは国境を超えて刺激を与え合い、他のユーザーからの反応がモチベーションになっています。

 

■KOOVのレッスン内容

 

・知る
毎回、新しいパーツやプログラミングにチャレンジします。
同様の仕組みが身の回りで活用されている事例を取り上げ、お子さまの興味関心を引きます。

 

・つくる
完成をイメージし、3Dガイドやテキストを見ながらロボットを組み立てます。
組み立てが終わると、意図する動きとプログラミングをひとつひとつ理解しながら、ロボットを動かします。残りの時間で、作ったロボットをオリジナルロボットに改造します。

 

・振り返る
振り返りのクイズに取り組み、授業の理解度を測ります。
作品はKOOVアプリ内で世界中のユーザーに共有し、フィードバックを受け次の制作に繋げます。

 

■KOOVが指導で気をつけていること

 

指導の際は大きく2つの点に気を付けています。

 

1つ目は「まずは正解を教えず、生徒が思うようにやらせてみる」ことです。

 

2つ目は「身の回りの物事とプログラミングの結びつきに気づかせること」です。
大人が近くから見ていると「こうすればうまくいくのに…!」や「ここが間違っているな」というように、正しく動かす方法に意識が行きがちです。

 

しかし、初めから上手くいかないことがたくさんあるのがプログラミングの醍醐味です。
いきなり正解を伝えるのではなく、子どもたちが自ら考える姿勢を促す質問を多くするように心がけています。

 

また生徒たちには将来、プログラミングを実生活でも役立ててほしいと考えています。

 

そのため、授業の際に使った電子パーツやプログラミングが「例えば信号機や踏切などのロボットにも使われているんだよ」と身近な物に結び付けて伝えることも意識しています。

 

\KOOVの無料体験教室の申し込みはこちら/

6位 6位:ロボット科学教育 Crefus(クレファス)

クレファス

 

6位は、ロボット科学教育 Crefus(クレファス)です。

 

Crefusは、2003年の設立から15年にわたり、ロボット製作とプログラミングで子どもたちを夢中にさせてきた、STEM教育のパイオニアです。
STEM教育は、Science(科学)・Technology(技術)・Engineering(工学)・Mathematics(数学)の教育分野を総称したことば。
Crefusの授業は、実際に「作って・動かす」中で、ロボット製作やプログラミング教育を行っていきます。
教室は、北海道・東北 関東 北陸・甲信越 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄と日本各地にございます。

 

まずはCrefus(クレファス)の体験教室に行ってみてください。

 

無料体験の申し込みは、ホームページの上部にあるメニュー「体験・入会」から、自宅に近い教室をお選びいただき、その後、無料体験参加をウェブ上にてお申し込みできます。

 

Crefus(クレファス)の教室は、東京23区内に、14教室あります。

 

区ごとの教室数は、新宿区 0、渋谷区 1、港区 1、千代田区 1、中央区 0、台東区 0、墨田区 0、江東区 1、江戸川区 0、葛飾区 2、足立区 0、荒川区 0、北区 0、板橋区 1、豊島区 2、文京区 0、目黒区 0、世田谷区 3、杉並区 1、中野区 0、練馬区 1、大田区 0、品川区 0、ございます。

 

■ロボット科学教育 Crefus(クレファス)のご紹介

 

Crefusは、2003年の設立から19年にわたり、ロボット製作とプログラミングで子どもたちを夢中にさせてきた、STEM教育のパイオニアです。
STEM教育は、Science(科学)・Technology(技術)・Engineering(工学)・Mathematics(数学)の教育分野を総称したことばです。
これからの未来に向けて、AIなど様々な技術革新や社会の変化を楽しめる、人生を幸せに過ごしていけるチカラを子どもたちに与えたいという思いがある教室です。

 

パソコンやタブレットを使ってのプログラミングやロボット製作を通して、ロボットを「考具」としたハンズオン型の学びを実践しています。年齢に合わせたSTEM教育を意識したカリキュラムで、教科をまたいだ知識や高度な理数系の知識を学べ、使用教材のレゴRも低学年から高学年へとより本格的な内容にステップアップしていきます。
小学校3年生以上のクラスでは、教室で学ぶ「crefus」と、 同じロボット教材・ワークシートを用いてリモートで質問+自宅で学ぶ「e-crefus」を選択できます。

 

■コースの紹介

 

・ジュニアエリート:年長?小2からはじめる
自分の手を動かし試行錯誤を繰り返す「ものをつくる」ハンズオン教育。ハード(原理・原則)、ソフト(論理的思考)、プレゼンテーション(表現力・創造)の3つを柱として、教科をまたいだ内容を学ぶ中で、問題解決のアプローチを身につけます。また、年長のベーシックコースからプログラミング教育も取り入れています。

 

・Crefusコース:小3?からはじめる
メカニズムの基礎学習、プログラミングの基本など、ロボットを題材としたものづくりを通して、集中して作り上げる事やアイデアを表現すること、論理的に考える力を養い、算数や理科の知識、技術も学びます。また、発表会を通じてプレゼンテーション手法を学習します。

 

・Crefusコース:ゴールド修了後の上級コース
データ収集と処理、グラフ化の方法やセンサー制御と変数の考え方を使用したプログラミングの習得により、アルゴリズムを考える方法など、より高度な力を養います。また、M2では重心を学習、二足歩行ロボットを製作するなど自らの構想を形にする力を身につけ、M3からはテキストベースのプログラミングにもチャレンジします。

 

・Crefusコース:M3修了後の上級コース
ロボット開発を疑似体験する学習となります。世の中のニーズや自分の理想などからロボットのアイデアを考え、実現していくロボット開発プロジェクトを進めていきます。これまで学んできた事を社会で実用できるスキルに成長させるのがSSコースです。自分の強みを知り、修了後の進路を選んでいくための最終ステップとなります。

 

\Crefus(クレファス)の無料体験教室の申し込みはこちら/

 

7位 7位:Swimmy IoT×AIプログラミング専門スクール

Swimmy

 

7位は、Swimmy IoT×AIプログラミング専門スクールです。

 

■Swimmy IoT×AIプログラミング専門スクールのご紹介

 

・対象:年長から

 

・ベーシックコースとエキスパートコースがあります。
Swimmyの強み
1. 3年でプログラミング言語「Python」が書ける、読める
2. 完全個別指導
3. プレゼンテーション指導
聞き手に分かりやすく伝える力を磨く学習の機会がカリキュラム内に用意されています。
4. ディスカッション指導
コミュニケーション能力を鍛え、アイディアの引き出しを増やしてくれます。
5. タイピングスキル習得

 

■Swimmy IoT×AIプログラミング専門スクールの口コミ

 

・好きなことを楽しく学ぶことが何よりも効果的に感じる。(小学3年生)
・伸び伸びと楽しく学べている。(小学1年生)

 

\Swimmy IoT×AIプログラミング専門スクールの公式サイトはこちら/

 

8位 8位:プログラミング教育 HALLO

hallo

 

8位は、プログラミング教育 HALLOです。

 

■プログラミング教育HALLOのご紹介

 

プログラミング教室HALLOは世界1位のコンピュータを開発した最強のエンジニア集PreferredNetworksと、40年にわたり80万人の子ども達のやる気スイッチを入れてきたやる気スイッチグループが手掛けるプログラミング教育です。
一人ひとりのペースや理解度に合わせた個別指導でプログラミングを学ぶことが出来ます。
ゲーム感覚で授業を楽しめ、本格的なプログラミングが学べます。

 

80万人以上の「やる気スイッチ」をONにしてきた指導メソッドで楽しく続けられるのが魅力です。
0から始めて、実用レベルまで無理なくステップアップできるカリキュラムがあります。
ワールドクラスの教育に準拠した教材を利用されているので、本格的に適レッスンを楽しめます。

 

■プログラミング教育HALLOの口コミ

 

・唯一続けることができている習い事です。
(小学2年生)
・自主的に勉強することができている。
(小学3年生)

 

\プログラミング教育HALLOの公式サイトはこちら/

 

9位 9位:プロクラスキッズ

proclass_kids

 

9位は、プロクラスキッズです。

 

■プログラミングとゲームの力で、「考える力」

 

プロクラスキッズは、「考える力」こそがこれからの社会に必要な力であると考えています。
今までの学校教育が「覚えること」を主体としてきたのに対し、ITの登場後のめまぐるしい技術の進化や、学習指導要領の改訂(平成29年)から見られるように、能動的に「考えること」がこれからの教育の主体に移り変わっているように感じます。
プログラミングを学ぶことは単に技術の習得のためではなく、問題に向き合い考える力、さらには臨機応変に必要な答えを導き出す力を育てます。

 

また、子供達がもつ好奇心や行動力を楽しく引き出す要素として、ゲームの力はとても有効です。
“遊ぶ”から“つくる”、“見る”から“参加する”、といったように、授業の中にゲーム性を盛り込むことで、より深くプログラミングを学んでいただきます。

 

■プロクラスキッズの特徴

 

使用する教材は、プロクラスのオリジナルカリキュラム。さまざまなゲームやロボットの操作を難解なプログラミングは使用しないで理論的に制作していきます。易しすぎず、難しすぎず、それでいて本格的なゲームが作れるよう、バランス良く考えています。
また、子ども達が成長する過程で重要な主体性に重きをおいた学習方法なので、満足レベルの高い授業内容となっています。
子どもの段階では、単なる計算ではなく、何か具体的に見える形のものを法則にしたがって動作させて、試行錯誤で解決していく経験を続けると、より高い効果が期待できます。

 

\プロクラスキッズの公式サイトはこちら/

 

10位 10位:TETRA UP

tetraup

 

10位は、TETRA UPです。

 

「子供達の夢が生まれる場所になりますように」という思いから、プログラミング教室は生まれました。

 

「どうなっているの?」から「わかった!」へ変わる貴重な瞬間を子どもたちが味わえます。

 

少人数制で一人一人に丁寧に寄り添う指導方針です。

 

■プログラミング入門コース

 

プログラミングに初めて挑戦するお子様にとって最適なプログラミング入門コースです。

 

本格的なプログラミングを始める前に「プログラミングの考え方」を、ゲームを作りながら身につけていきます。

 

このコースで使用するScratch(スクラッチ)とはMITメディアラボ(米国マサチューセッツ工科大学の研究グループ)によって開発されたプログラミング言語学習環境の一つです。

 

ブロック遊びをするように視覚的・直感的に分かりやすくプログラミングを施す事が出来る為、プログラミングの考え方の基礎を遊びながら学ぶ事が可能です。

 

■ロボットプログラミングコース

 

ロボットプログラミングコースでは「レゴR WeDo2.0」を使用してブロックで組み上げたロボットを動かしたり、LEDブロックを光らせたりしながらロボットの制御を学んでいきます。

 

ロボットプログラミングは電子工作の知識とプログラミング技術が必要ですので、子供には難しいのではないかと敬遠されがちです。

 

しかしながら近年では「三次元で自分の学習成果を見られるので学習意欲の向上に繋がる」として注目を集めている教育分野です。

 

\TETRA UPの公式サイトはこちら/